失敗を将来へ活かすために

バイトの失敗談は、友人や家族との間でもよく話題になるものです。インターネットのコミュニティなどでも、定番の話題となっています。コミュニティでは、バイト経験者であれば共感できる話が多く、笑い話もあります。中には、失敗のせいで出勤が辛くなった・バイトを辞めざるをえなくなったなど、苦い経験を持っている人も多いでしょう。しかし、その失敗を将来へ活かすことができれば、失敗も良い経験であったといえるのです。そのためには、すぐに失敗の原因を探り、その改善のために実際の行動へと移していくことが求められます。
そして、バイトや就活の面接で、バイトでの失敗談を尋ねられることも珍しくはありません。その質問の要点は失敗談そのものではなく、その出来事から何を学び・どのように行動し現状を改善したのかということです。特に目立った失敗を経験していない人でも、ちょっと気まずい雰囲気になってしまったことやスムーズにできなかったことなどについて、どのように向き合ってきたのか整理してみましょう。そうすれば、自分に足りないスキルや経験を知ることができます。
さらに、他人の失敗からも学ぶことは可能です。実際にその仕事をしてみないと分からないことや、自分ならそんなミスはしないだろうと思う話にも耳を傾けてみます。そして、それを具体的にイメージしてみると、似たような状況になったとき対処できることが増えてくるのです。
失敗を避けるために初めからやりたい仕事を諦めるよりも、前向きに挑戦することが成長に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です