気持ちよくバイトを続けるには

バイトをしたことがある人なら誰でも、なにかしらの失敗談をもっているものです。同じバイトをやっていた人ならともかく、たいていの人は何も知らない状態でバイトをはじめることになります。まずは先輩から手とり足とり教えてもらい、そのうち慣れてきて自然と独り立ちしていきます。
先輩がついている間は、自分が失敗しそうになったとき、すぐに注意して正してもらうことが可能です。しかし、1人になると事前に失敗を防ぐことはなかなか難しくなります。特に、独り立ちした直後は失敗をしやすいようです。
どんなに気をつけていても、うっかり失敗をしてしまうということは誰にでもありえます。失敗してしまったものは、仕方がありません。重要なのは、そのあとです。同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。失敗をしてしまったと落ち込んでいれば、さらに失敗を重ねてしまいます。落ち込むことと反省することは違います。なぜ自分は失敗してしまったのか・失敗してしまった原因が何なのかを、自分の頭でしっかり考えてみることです。そして、その解決策を見つけてすぐさま実行に移しましょう。
どうしても解決策が見つからないときは、先輩に相談してみるのも一つの方法です。この失敗の原因と解決策を考え、実行するところまでしてみて、はじめて反省したことになります。原因や解決策がわからなければ、また同じ失敗を繰り返してしまうものです。失敗から学ぶということを身につければ、気持ちよくバイトを続けることができます。