大小に関わらずすぐに報告を

バイトの失敗談には、面白くて笑えるものから笑えないものまで、さまざまあります。
面白い失敗談で多いのは、ぼんやりしていて変なことを口走ってしまったというケースです。タバコを買ったお客さんに「温めますか?」と聞いてしまうなど、思い返すと恥ずかしくなるくらいの間違いであれば、きっと誰しも経験があるでしょう。このような場合は、「ちょっと疲れているんだな」と理解して、小休憩をとるのがおすすめです。
笑えない失敗としては、お店の商品や備品を破損してしまったという失敗でしょう。人間誰しも、叱られることや罰則を受けることを恐れます。そして、事態を隠蔽しようと思ってしまうものですが、これは最悪の対応です。後になって発覚することで問題が大事になったり、お客さんに不利益を与えてしまう可能性すらあります。怖いという気持ちはわかります。しかし、後になって言い出すよりも、その時すぐに報告することが最も誠意を示す有効な手段です。
他にも、「小銭程度のお金の間違いであれば、黙っていてもいいよね」と思う人も少なくないかもしれません。店員の側からすれば、大勢いるお客さんのうちの一人です。しかし、間違えられたお客さんにとっては、たった一つのお店なのです。そういった安易な気持ちが、お客さんからお店に対する信頼を失う原因となってしまいます。そのため、金額の大小で物事を考えてはいけません。お金のやりとりで失敗をしてしまった場合は、上司にあたる人へ報告しましょう。
~関連リンク⇒バイト失敗談あるある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です